Text Size : SS S M
Img_c677e13017b7bb63f5bc2a1dd671f68f
『 糸こもの作家 kamacosan. のはじまり。』


はじめはイラストレーターでした。

子どもが生まれて…その大変さと面白さを
イラストやコミックエッセイにしておりました。

母になって…しばらくして
ふたたび髪を伸ばし始めたのですが
子どもを抱っこした時に髪がかかってしまうので
日中は、ほぼまとめている状態に。

ネックレスもピアスも
子供に引っ張られちゃったり
飲み込んじゃったりするかな…と思い
着けることはほぼなくなっていました。

すっかり色気もなくなった頃(笑)
ふと…思いました。

髪をまとめるのに「ヘアゴム」は必須…
ヘアゴムならあまり引っ張られる恐れもないし
ちょっとしたお洒落ならできるかも!!
小さな光が見えました。

お店に行ってじっくりアクセサリーを選ぶなんて
優雅な買いものに出かけることもままならない時期。
もともと「物づくり」が大好きだったこともあり
ええい!それなら作ってしまいましょう!
と始めたのが「糸こもの作家」へ舵をきったきっかけです。

最初に作った作品は
「あじさいのシュシュ」 →  (Click!) 
かぎ編みの作品です。

現在は、かぎ編み・タティングレースの技法を中心に
「糸とビーズのアクセサリー」を作成しております。

ごく普通の日常のなかで使うものを
どうせ使うものならちょっと心が小躍りするような
そんな「愛すべき可愛いもの」を作りたい。
そんな想いがわたしのものづくりの基盤になっています。


《 今までのこと… 》

2002年
結婚を期に大好きな名古屋から東京へ移り住む。
(生まれは九州)
※2003年と2008年に元気なでっかい男児を授かる。

2006年〜
(株)ベネッセコーポレーション
「こどもちゃれんじ」教材・DMのイラストやマンガ、
「ウィメンズパーク」で開催の「ドンマイ1グランプリ」にて
Webマンガなど担当。

2008年〜
東京都稲城市にある『Cakefactory Whip』さんの
 (Click!) 
焼き菓子のパッケージに貼るシール等のデザインを数点担当。

2010年〜
イラストの仕事から「糸こもの」作成へとシフトしてゆく…
「タティングレース」というレース編みの技法に出会い
ますます糸の芸術の奥深さに惹かれていきました。

2012年1月〜
ハンドメイド・クラフト・手仕事品の販売・購入 「 iichi 」(いいち)
 (Click!) 
にて糸こもの作品をWeb販売開始。

2012年8月〜
東京都稲城市の「café イナキッチン」さんにて
 (Click!) 
「小さいお店」をOPEN☆
作品を少し置かせてもらっています。

2014年11月
第一回「エクラ展」を開催。
タティングレースを楽しむ人々の作品展示&販売ワンデイショップ。
会場:東京都稲城市の公共施設「iプラザ」

2015年8・10・11月
スカイツリー近く、押上にある
アトリエ&ショップ「AMULET」さん主催の
 (Click!) 
手づくりものづくり博覧会『くりくり展』
東京 / 京都・大阪巡回展に出展。

2015年11月
東京都稲城市若葉台「iプラザ」にて
第二回「エクラ展」開催。
(タティングレースの展示販売ワンデイショップ)

2016年9月
第三回「エクラ展」開催。

2017年5月11日〜15日
三軒茶屋 『 cafe & gallery *LUPOPO* 』にて
『ブローチ展』~いつも一緒に歩きたい~
に出展。



(以上、2017年4月現在)